めざそう★生涯現役!

hgeneki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

のぼりを作成しました

b0130041_13372817.jpg

 生涯現役の広報・啓発活動の一環として、「めざそう生涯現役!」のぼりを作成しました。この文字を目にする機会を増やし、「生涯現役って何だろう?」と考え、そして行動に移していただこう、とするものです。生涯現役と関わりのあるイベント開催時に貸し出しますので、ご希望の場合は生涯現役プロジェクト推進室(電話番号079-221-2986)までご連絡ください。
# by himeji-geneki | 2008-04-24 13:39 | 執筆者・仕掛人

グラウンドゴルフ虎の穴

 目指せ夢の300ヤード・・・こんにちは、仕掛人です。

 今日は球技スポーツセンターで開催された「グラウンド・ゴルフ春季大会」(主催:姫路市グラウンド・ゴルフ協会)にお邪魔してきました。グラウンド・ゴルフは前にもご紹介した、「体へ大きな負荷をかけることがない、年齢や性別に関係なく誰もが生涯にわたって楽しめる」ニュースポーツの一つです。事実、参加者の中には車いすの方もいらっしゃいました。
b0130041_183631.jpg

 ルールはゴルフとほぼ同じ。ボールをクラブで打ち、ポストに入れて合計打数の少なさで競います。地域のスポーツ広場で気軽に楽しむことができることもあって、特に高齢者の間では超メジャーと言って差支えがないほど普及しています。そう、例えるならイングランドのサッカー、NZのラグビー、アメリカのベースボール(・・・例えであっても夢は大きく?)

 今日参加したゴルファーは約700人。皆さん元気な人ばかりですが、半日その様子を眺めていて「それも当然か」と思いました。この競技、ボールを打ち得点を競うだけではないのです。プレー中はスコアカードを見せ合って会話をしたり、「アッー!」とボールの行方に大声で一喜一憂したり。それに加えて・・・とにかく歩く歩く歩く。実際にプレーヤーと一緒にコースを回って計ってみると、2ゲーム(計16ホール)のプレーだけで1000歩を超えましたが、体にかかる負担はほとんどありません。
b0130041_18362579.jpg

 姫路市グラウンド・ゴルフ協会の黒田会長にお話をお伺いしたところ、会員数は現在1370名。年3回の大会開催に加え、今年度はより一層の地域での底上げ(普及)に取り組むとのことです。大会に参加すれば即会員となれるそうなので、興味のある方は是非、お近くの愛好者に声をかけてみてください。
# by himeji-geneki | 2008-04-23 18:51 | イベント・施設レポート

声に出して詠みたい菓子博

 「姫路菓子博2008」が開幕しました。このイベントには我々、姫路市職員も緑のベストを着て従事しています。私も初日の4/18に、4つあるゲートの一つで案内・入場整理をしていました。こういった大イベントでは会場内だけでなく周辺も「非日常的」な雰囲気に包まれるものです。が、私が居たゲートの外では「日常の空気」が流れておりました。このポイントは絶好の散歩コースのようで、菓子博のゲートを横目に歩いていく高齢者夫婦や飼い犬の散歩をする人々が多く見受けられました。

 それはさておいて。老人福祉センターの教養講座の講師をされている某先生が自転車でひょいと来場され、あいさつもそこそこに・・・寄り切られました。いや押し出されたと言うべきか。

先生:「俳句の投稿を受け付けてますから、あなたもぜひ」
私 :「でも文才ないですからねえ」
先生:「俳句はなあ、若いうちからやらなあかんで!」
私 :「え~~~~~先生、ハードル高いですって!」
先生:「いやいやいやいや、まあ待ってますから」
私 :「んな殺生な・・・」

 写真を撮り忘れましたが、北エリアのふれあいステージ南側の休憩所に投かん箱が設置されています。敬愛すべき先生にそこまで言われたら出さないわけにもいかないので、一句ひねってみることにします。
# by himeji-geneki | 2008-04-21 12:02 | 執筆者・仕掛人

老後設計講座へGO!

 元気があれば生涯現役にもなれる。[仕掛人]です。
 どうやら体勢が整うまで私が執筆することになりそうです。

 今日は少し息抜きとして「生涯現役のコトバ」を紹介します。あるスポーツ選手が引退に際して語ったもの(その一部は超有名な僧の言葉)ですが、生涯現役の心構えをうまく言い表していると思います。と言いますか、ホームページやリーフレット等に掲載する啓発文を考える時に、いつも思い浮かぶのが、何故かこれ...


 人は歩みを止めたときに、挑戦をあきらめた時に年老いてゆくのだと思います。
 この道を行けばどうなるものか。
 
 (中略) 
 迷わず行けよ、行けばわかるさ。



 そう、行けばわかるんですよ。だから来てみませんか?

 「平成20年度第1回老後設計講座」
 日時 : 平成20年4月25日(金曜日) 午後1時から
 場所 : 姫路市市民会館大ホール
 講師 : 高梨敬一郎氏(元NHKアナウンサー、現・関西国際大学客員教授)
 演題 : 「聞き上手は話し上手」

 入場無料ですので、お気軽にどうぞ。
# by himeji-geneki | 2008-04-15 15:14 | 執筆者・仕掛人

ツール・ド・北条

 今回も[仕掛人]が執筆します。

 4月8日の火曜日、城陽校区老人クラブ会員を対象とした「自転車による交通事故防止教室」が山陽自動車教習所(姫路市北条)にて開催されました。自転車は「ちょっとそこまで」出かける場合に便利な交通手段。維持費はかからないし、温室効果ガスを出さないので環境にもやさしいし、何より健康づくりに役立ちます。脂肪燃焼効率のいい運動なのでダイエットしたい人には最適です。

 正しい知識とマナーを持ち合わせていれば、自転車は生涯現役にもってこいな道具と言えます。しかし交通事故はいつ起こるかわかりません。健康でいきいきと長く過ごすためには、スポーツや健康づくりも重要なことですが、交通事故に遭わないことも重要なことです。この日は「座学・筆記テスト」「自転車の実技コンテスト」に加え、「ひったくりに注意」の三本立てで行われました。

b0130041_1630961.jpg

 筆記テストは合格・不合格が決まるわけではないので気楽に受けられるとはいえ、不正解だと悔しいのが人間の性でしょうか。「引っ掛け問題はあかんわ!」と、ある方に言われました。(でもね、私が作った問題じゃないんですよ..........)


b0130041_16302446.jpg

 二輪車コース全体を使っての実技コンテストでは、足のつき方、一旦停止や後方確認など様々な項目を交通安全協会婦人部の方々が細かくチェック。


b0130041_16304382.jpg

 最後に姫路市安全安心推進課による、バイクを使ったひったくり犯の実演がありました。
 「手さげかばんは車道の反対側に持ちましょう」
 「自転車の前カゴには防犯ネットを張るか、何かかぶせ物をしましょう」


 姫路警察署の交通安全係長さんからは「高齢者の皆さんも安全確認を十分にしていただいて、交通事故に遭わないで元気で長生きしていただきたい、そう思うばかりです」とコメントをいただきました。春の全国交通安全運動は4月6日から15日まで。交通マナーを守って、めざそう生涯現役!
# by himeji-geneki | 2008-04-11 16:33