めざそう★生涯現役!

hgeneki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

私たちはみんな必要とされている人たちなのです

 仕掛人です。今日は「バザー記念日」だそうです。明治17年6月12日、鹿鳴館で日本初とされるバザーが開催されたんだとか。(本文とは特に関係はありません)

 さて、私はこの4月から、生涯現役推進モデル校区の一つである八幡校区において、様々な「生涯現役を推進する活動」の取材にあたっています。いわば「八幡校区の番記者」です。これまでに子ども見守り隊、ふれあい給食、公民館講座、グラウンドゴルフ大会などの様々な活動を取材してきました。(取材の成果については、現在編集中です...)

 先日の6月8日の日曜日は、八幡校区婦人会主催の講演会がありました。驚くなかれ、講師は国連ボランティア終身名誉大使の中田武仁先生でした。1993年、国連ボランティア活動中に殉職された長男・厚仁氏の遺志を継いで「中田厚仁記念基金」を設立し、自らもボランティア支援活動に取り組んでおられる方です。私は取材活動のために、そして自分の勉強にもなると思い参加しました。市政出前講座やチラシ等で「自分の生きがいのためにボランティアをしてみませんか?」という話をしたり文章を書いたりすることがありますので・・・。
b0130041_16233365.jpg

 八幡婦人会では「ふれあい給食」「敬老会」「ふた葉教室」などなど、様々なボランティア活動に取り組まれています。この日の講演を聴かれた会員の皆さんは、改めてボランティア活動とは特別な人がやるのではなく、誰にでもできることだと、日頃の活動意欲をかき立てられたのではないかと思います。「私たちはみんな必要とされている人たちなのです」とは、この日の演題だったのですが、私たちが目指す「生涯現役社会の実現」にも通じる言葉なので・・・先生、参考にさせていただきます。

 川口婦人会長には「どうぞお越しください」とお声をかけていただき、また、婦人会の皆さんにも様々な面でお世話になりました。これからもよろしくお願いします。
# by himeji-geneki | 2008-06-12 16:38 | 生涯現役推進モデル校区

祭り ~ 地域に根ざした生涯現役

 仕掛人です。このブログも本格的に動き始めてから3ヶ月目に入りました。「継続は力なり」などと申しますが、個人的には継続できたことによってそれなりの手ごたえを感じています。生涯現役をテーマとしたブログを始めるにあたっては「記事になるネタはあるのか?」という不安がありましたが、これも快く取材を引き受けてくださった皆様、また、事務室まで情報を届けてくださった皆様のおかげで何とか形になりました。ですが、自分の足で情報を集めることも大事なこと(・・・なんてな)。

 そう思い立って、6月1日の日曜日は「ザ・祭り屋台in姫路」に足を運びました。各地の祭礼は伝統行事という意味でも、そして高齢者も若者も一緒になって盛り上げるという意味でも「高齢になっても生涯現役で活躍できる場」の一つであると思います。ここはひとつ「生涯現役!」という気力がみなぎっている写真でも・・・撮れればよかったのですが、やはり遠くからになるとコンパクトなカメラでは難しいですね。

 この写真は上蒲田西蒲田(いずれも八幡地区)の練り合わせになったシーンです。
b0130041_944458.jpg


 そして、偶然にもお会いしたのがこのお二方。
b0130041_9454314.jpg

 兵庫県の高齢者大学卒業生の同窓会で様々なボランティア活動をされている西播三友会の吉本さんと末政さんが、ボランティアスタッフとしてパンフレットを配布されていました。取材でお世話になっているばかりか、ありがたいことにブログも見ていただいているとのことで・・・感謝の気持ちを込めて、元気ハツラツ!?な写真を一枚。これからもよろしくお願いします。

 次の日曜日も、また「ためになる話」を聞きに現場へ行ってきます。
# by himeji-geneki | 2008-06-05 10:44 | イベント・施設レポート

「さわやか教室」 豊富公民館にて

 はじめまして、今回は、仕掛人また姫1号に続きまして、若1号がブログを書かせていただきます。今回の元気が出る話は、生涯現役推進モデル校区の一つである豊富校区の豊富公民館主宰で先週5月29日(木)10時より行われました「さわやか教室」の様子を姫2号と一緒に取材しましたのでご紹介します。

 この「さわやか教室」は現在、豊富校区老人クラブ会長で元小学校校長・音楽教師をされていた木村真守先生が講師として、子供の頃から親しんでいる身近な唱歌について、そのふるさと、作詞・作曲者の思い、また発声のしかた等を地域の方々(特に高齢者が主)に教えておられる講座です。約40人ほどの講座参加者の皆さんは、とても楽しんで先生の話を聴いておられ、歌を歌ってらっしゃる姿はとても生き生きとしておられました。

 みんなで一緒になって歌うことで地域のコミュニケーションが図れ「余暇の充実」にもつながり、お腹から大きな声を出して歌を歌うことは、「健康生活」につながっていくと考えます。また、講義をされる木村先生にとっても、これまでに培った教養、知識、技術等を地域社会に還元することになり「自己実現」につながっていくと考えられますので、生涯現役プロジェクトが掲げる3つの柱がすべて含まれています。
 まさに「生涯現役社会の実現」に資する教養講座だと感じました。
b0130041_16452159.jpg
b0130041_16454390.jpg

# by himeji-geneki | 2008-06-02 16:49 | 生涯現役推進モデル校区

ボランティアと生きがい

 おはようございます、仕掛人です。職場に届いた姫路市連合婦人会の会報「婦人ひめじ」を観ながら、やっぱりゴキブリ退治には団子か・・・としみじみ思う今日この頃。ちなみにこのブログでは「どんな単語で検索して、このブログにたどり着いたのか」という検索記録が分かるのですが、一位は「生涯現役プロジェクト」・・・ではなくて4/1の記事に出てきた「ホウ酸団子」という状態です。(泣)

 さて・・・5月27日の火曜日、西播三友会姫路支部の方々と一緒に、「杣緑(そまみどり)デイサービスセンター」(姫路市書写)におじゃましてきました。趣味・スポーツ活動を通じて様々なボランティア活動を行っている西播三友会、「デイサービスを利用されている方々にもグラウンドゴルフの面白さを知ってもらいたい、元気になってもらいたい」とのことで、こちらの杣緑デイサービスセンターでは月に2回、グラウンドゴルフを通じた交流をされています。
b0130041_8435470.jpg

  良い天気に恵まれて心地いい気候のもと、デイサービス利用者の皆さんは職員の方々と一緒になってグラウンドゴルフを楽しまれていました。職員の方は力が余りすぎで?転がりすぎることもしばしば。そして利用者の中には「こんな楽しい遊びがあるんですなあ」と初めてのグラウンドゴルフに感激し、最後には「楽しませてくれてありがとう」と涙を流された方もいらっしゃったようです。「これを機会にグラウンドゴルフを始めて、元気になってもらえたら」と世話人の吉本さんは嬉しそうにおっしゃいました。
b0130041_8532675.jpg

 「誰かのために役に立つことも、自分の生きがいになる」
 この集合写真で青い帽子をかぶっている方は80歳を超えた今も仕事を続け、そして休みの日は積極的にボランティア活動に参加して人生を楽しんでおられます。ぜひとも紹介したいので、また改めて。
# by himeji-geneki | 2008-05-30 08:59

詳しくはチラシをご覧ください

 皆さんのお手元に「広報ひめじ6月号」と一緒に「めざそう生涯現役!」という筆文字の題名がついたリーフレット(チラシ)は届きましたでしょうか。「生涯現役」について皆さんに理解を深めていただくために、この度姫路市の全世帯(約206,000世帯)に配布を行いました。
b0130041_1724950.jpg

 このリーフレットは
・生涯現役とはどういうものか?
・なぜ生涯現役が求められているのか?
・生涯現役プロジェクトにおける3つの考え方
・生涯現役社会はみんなの協力で実現するもの
 という、4本立てで構成されています。いきいきと健康で楽しく過ごすためには何をすればよいのか、このリーフレットを読んでお考えいただき、また何か行動していただければ幸いです。読まずに捨てるなどということは・・・。

 作成にあたってはMicrosoft Wordを使い、文章の執筆はもちろんのこと、枠・影・配色や背景のグラデーションなどのデザインも自分たちで考えました。Wordで事務文書は八百万と作ってきていますが、デザインに関しては使ったことのない機能も多かったんです。でも挑戦ってものは「不可能を可能にする」もので、特殊なソフトを使わなくてもある程度のものは・・・出来るんですね~。
# by himeji-geneki | 2008-05-26 17:15 | 執筆者・仕掛人