めざそう★生涯現役!

hgeneki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

重要なお知らせ

 このたび、平成20年7月1日付の機構改革によりまして、我々の所属名は「市民局生涯現役プロジェクト推進室」から「交流振興局生涯現役推進部生きがい推進課」に変わることになりました。また、事務室も市役所本庁舎2階最西端の南側から北側へと移動します。

 皆様には名称・場所の変更に伴いご迷惑をおかけいたしますが、我々が生涯現役社会の実現に向けて様々な取り組みを行うことに変わりはありません。これからもよろしくお願いいたします。

 ありがとう、そしてさようなら、生涯現役プロジェクト推進室。
 さよなら、さよなら、さよなら。
by himeji-geneki | 2008-06-30 10:29 | 生きがい推進課からのお知らせ

ニューリーダー研修会

 こんにちは、若1号です。今回の元気が出る話は、6月25日(水)に市民会館3階中ホールにて開催された、姫路市老人クラブ連合会主催の「ニューリーダー研修会」の模様をご紹介します。

 この「ニューリーダー研修会」は、その年度で初めて老人クラブの会長になられた方を対象とした研修会で毎年この時期に行われているのですが、日頃の地域での活動を紹介する事例発表とテーマ毎にグループ討議を行い発表する分科会からなっています。

 事例発表では、7人の選ばれた会長さんが、日頃の地域での活動や独自の取り組み等を紹介されたり、活動における苦労したことや楽しかったこと等、様々に悲喜こもごもの話しをされており、興味深く聞かせていただきました。

 そこで、感じたことですが、老人クラブの活動は、楽しいことばかりでなく、大変なことも多い様です。ただ、みなさんその楽しいことも大変なことも一緒にして、意欲をもって取り組んでおられます。その取り組んでいる姿が生涯現役であり、老人クラブ活動はまさに生涯現役の一つのモデルだなと感じました。
b0130041_8491341.jpg

by himeji-geneki | 2008-06-26 08:50 | イベント・施設レポート

ウンチク友の会@御国野公民館

 梅雨のうっとうしいお天気が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?ひめ1号です。
 さて、姫路市には生涯現役を実践している方がたくさんいらっしゃいますが、先日はそのうちのお1人のお話を聞くことができました。

 御国野町御着にある御国野公民館では「ウンチク友の会」という地域講座を開催しています。同館の櫻井豊館長が「地域の団塊世代の方たちが、これまでの職業生活や趣味を通じて得た知識や技術、いわゆる“ウンチク”を生かさないのはもったいない」と考案されました。
 町内で“ウンチク”をお持ちの方が講師を勤めますが、講師と聞き手が入れ替わることももちろんあります。お互いに学び交流を深める、いわば「知恵の地産地消」です。

 今回の講師は、ものづくりウン十年の木下忠雄さんです。木下さんは、製造立国日本のものづくり現場で創意工夫を凝らしながら悪戦苦闘してこられた方で、定年退職してからは、御国野で地域活動に取り組んでおられます。
b0130041_14381210.jpg

 お話の中身はバラエティに富んでいてまさに“ウンチク”。就職のために上京された昭和38年当時の日本のこと、製造工程のことや仲間と協力して創意工夫を重ねたこと(まさに○ロジェクトX!)、ドイツに技術指導に行ったときのエピソード、さらには国民性の違いからその背景にある日本の歴史に至るまで、いろんなお話をしてくださいました。
 聞き手の中には木下さんの工場で作られた部品を使って製品を作っていた方もいらっしゃって、補足説明のためにその場で講師と聞き手が入れ替わることもありました。
 話す方も聞く方も本当にいきいきとしておられて、生涯現役の現場を見た!という感じでした。
b0130041_14383357.jpg

 誘ってくださった櫻井館長、貴重なお話を聞かせてくださった木下さん、そして御国野のみなさん、ありがとうございました!
 次回の「ウンチク友の会」は8月に開催されるそうです。興味のある方は一度のぞいてみてはいかがですか?

 御国野公民館 電話番号079-253-1876
           メール mikunino@hi-net.city.himeji.hyogo.jp
by himeji-geneki | 2008-06-20 14:50 | 生涯現役な人たち

太極柔力球

 このごろ姫路にはやるもの
 輪投げ、グラウンドゴルフ、太極柔力球・・・太極柔力球?

 生涯現役プロジェクト推進室には、老人クラブ会長をはじめとして様々な市民の方が来られます。先日は「私は生涯現役を目指してこういう競技をしている者ですが・・・」と。名刺を頂いて拝見したところ「太極柔力球」(たいきょくじゅうりょくきゅう)とありました。世の中には私の知らないことがまだまだあるもので。ということで一通り説明を受けました。

 「太極柔力球とは、中国で太極拳の動きを取り入れて作られたニュースポーツです。専用のラケットとボールを使って体を動かし続ける競技です。走ったり跳んだりするわけではないので体への負担はそう大きなものではありませんし、体を動かし続けることで心肺機能や筋力を鍛えることができるので、高齢者の健康増進にはお勧めです。この前の菓子博でも交流の舞台(5月1日)で演舞を披露したんですよ。」

 ・・・ということでした。そして数日後。DVDやカセットテープ等の資料をお持ちいただいたので実際の演技を観てみました。

 「なんだこれは・・・たまげたなぁ」

 熟練者の動きは凄くしなやか。インナーマッスルが鍛えられそうです。という事は腰痛やひざ痛対策にはいいかもしれません。気になる方はインターネットで検索してみてください。以上、姫路市安田の現場から仕掛人がお伝えしました。
by himeji-geneki | 2008-06-19 15:12 | ニュースポーツ

私たちはみんな必要とされている人たちなのです

 仕掛人です。今日は「バザー記念日」だそうです。明治17年6月12日、鹿鳴館で日本初とされるバザーが開催されたんだとか。(本文とは特に関係はありません)

 さて、私はこの4月から、生涯現役推進モデル校区の一つである八幡校区において、様々な「生涯現役を推進する活動」の取材にあたっています。いわば「八幡校区の番記者」です。これまでに子ども見守り隊、ふれあい給食、公民館講座、グラウンドゴルフ大会などの様々な活動を取材してきました。(取材の成果については、現在編集中です...)

 先日の6月8日の日曜日は、八幡校区婦人会主催の講演会がありました。驚くなかれ、講師は国連ボランティア終身名誉大使の中田武仁先生でした。1993年、国連ボランティア活動中に殉職された長男・厚仁氏の遺志を継いで「中田厚仁記念基金」を設立し、自らもボランティア支援活動に取り組んでおられる方です。私は取材活動のために、そして自分の勉強にもなると思い参加しました。市政出前講座やチラシ等で「自分の生きがいのためにボランティアをしてみませんか?」という話をしたり文章を書いたりすることがありますので・・・。
b0130041_16233365.jpg

 八幡婦人会では「ふれあい給食」「敬老会」「ふた葉教室」などなど、様々なボランティア活動に取り組まれています。この日の講演を聴かれた会員の皆さんは、改めてボランティア活動とは特別な人がやるのではなく、誰にでもできることだと、日頃の活動意欲をかき立てられたのではないかと思います。「私たちはみんな必要とされている人たちなのです」とは、この日の演題だったのですが、私たちが目指す「生涯現役社会の実現」にも通じる言葉なので・・・先生、参考にさせていただきます。

 川口婦人会長には「どうぞお越しください」とお声をかけていただき、また、婦人会の皆さんにも様々な面でお世話になりました。これからもよろしくお願いします。
by himeji-geneki | 2008-06-12 16:38 | 生涯現役推進モデル校区

祭り ~ 地域に根ざした生涯現役

 仕掛人です。このブログも本格的に動き始めてから3ヶ月目に入りました。「継続は力なり」などと申しますが、個人的には継続できたことによってそれなりの手ごたえを感じています。生涯現役をテーマとしたブログを始めるにあたっては「記事になるネタはあるのか?」という不安がありましたが、これも快く取材を引き受けてくださった皆様、また、事務室まで情報を届けてくださった皆様のおかげで何とか形になりました。ですが、自分の足で情報を集めることも大事なこと(・・・なんてな)。

 そう思い立って、6月1日の日曜日は「ザ・祭り屋台in姫路」に足を運びました。各地の祭礼は伝統行事という意味でも、そして高齢者も若者も一緒になって盛り上げるという意味でも「高齢になっても生涯現役で活躍できる場」の一つであると思います。ここはひとつ「生涯現役!」という気力がみなぎっている写真でも・・・撮れればよかったのですが、やはり遠くからになるとコンパクトなカメラでは難しいですね。

 この写真は上蒲田西蒲田(いずれも八幡地区)の練り合わせになったシーンです。
b0130041_944458.jpg


 そして、偶然にもお会いしたのがこのお二方。
b0130041_9454314.jpg

 兵庫県の高齢者大学卒業生の同窓会で様々なボランティア活動をされている西播三友会の吉本さんと末政さんが、ボランティアスタッフとしてパンフレットを配布されていました。取材でお世話になっているばかりか、ありがたいことにブログも見ていただいているとのことで・・・感謝の気持ちを込めて、元気ハツラツ!?な写真を一枚。これからもよろしくお願いします。

 次の日曜日も、また「ためになる話」を聞きに現場へ行ってきます。
by himeji-geneki | 2008-06-05 10:44 | イベント・施設レポート

「さわやか教室」 豊富公民館にて

 はじめまして、今回は、仕掛人また姫1号に続きまして、若1号がブログを書かせていただきます。今回の元気が出る話は、生涯現役推進モデル校区の一つである豊富校区の豊富公民館主宰で先週5月29日(木)10時より行われました「さわやか教室」の様子を姫2号と一緒に取材しましたのでご紹介します。

 この「さわやか教室」は現在、豊富校区老人クラブ会長で元小学校校長・音楽教師をされていた木村真守先生が講師として、子供の頃から親しんでいる身近な唱歌について、そのふるさと、作詞・作曲者の思い、また発声のしかた等を地域の方々(特に高齢者が主)に教えておられる講座です。約40人ほどの講座参加者の皆さんは、とても楽しんで先生の話を聴いておられ、歌を歌ってらっしゃる姿はとても生き生きとしておられました。

 みんなで一緒になって歌うことで地域のコミュニケーションが図れ「余暇の充実」にもつながり、お腹から大きな声を出して歌を歌うことは、「健康生活」につながっていくと考えます。また、講義をされる木村先生にとっても、これまでに培った教養、知識、技術等を地域社会に還元することになり「自己実現」につながっていくと考えられますので、生涯現役プロジェクトが掲げる3つの柱がすべて含まれています。
 まさに「生涯現役社会の実現」に資する教養講座だと感じました。
b0130041_16452159.jpg
b0130041_16454390.jpg

by himeji-geneki | 2008-06-02 16:49 | 生涯現役推進モデル校区