めざそう★生涯現役!

hgeneki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:生涯現役推進モデル校区( 6 )

「生涯現役推進モデル校区事業 」感謝状贈呈式

 ご無沙汰しておりますemoticon-0139-bow.gif「二代目」です。

 平成20年度に生涯現役推進モデル校区として指定させていただいた八幡・豊富両校区に市長から感謝状を贈呈いたしました。
 今日はその模様をお送りします。

 贈呈式は5月18日(月曜日)の午前10時から、市長応接室で行いました。

 八幡校区で実施主体となっていただいた八幡校区生涯現役推進委員会から、山本連合自治会長、川口婦人代表、松本老人クラブ会長が出席されました。
b0130041_11122879.jpg

 豊富校区で実施主体となっていただいた豊富校区生涯現役プロジェクト推進委員会からは、山本連合自治会長、堀婦人会長、木村老人クラブ会長が出席されました。
b0130041_11124622.jpg

 市長が感謝状を贈呈しました。両校区とも連合自治会長が代表して受け取られました。
b0130041_11132562.jpg
b0130041_11133665.jpg

 両校区とも、日頃から地域活動を積極的に行っていらっしゃいます。その上で、平成20年度には従来からの地域活動に「生涯現役」の視点を盛り込んだ取り組みを行っていただいたり、新たに事業を実施していただいたりしました。
 私も何度か取材に伺いましたが、さすが両校区とも目を見張るemoticon-0104-surprised.gifイベントばかりで、素晴らしい取り組みも多くありました。
 現在、素晴らしい取り組みを冊子にまとめる作業をしています。出来上がりましたら、このブログでも発表させていただきます。ご期待くださいemoticon-0105-wink.gif
by himeji-geneki | 2009-06-15 11:17 | 生涯現役推進モデル校区

豊富“ふれあい”コンサート

 こんにちは、ご無沙汰しております「若1号」あらため「殿1号」です。
(もう若くないこともあり、「若1号」の名前は「若2号」に譲ることとしました。)

そんなことは、さておき先日11月2日の日曜日に豊富校区で催された「豊富“ふれあい”コンサート」の様子を見て来ましたので、ご紹介します。
b0130041_9182712.jpg

「豊富“ふれあい”コンサート」は豊富公民館を中心として自治会、婦人会、老人クラブ、子ども会等の地域の各種団体がこぞって参加し、歌や民謡、ダンスや舞踊等を披露する音楽と文化の催しとして、今年で開催は13回目になります。
b0130041_9181560.jpg

本年度、豊富校区は生涯現役推進モデル校区として、地域の活動の中で生涯現役の視点を盛り込んだ取り組みを様々に行っておられるですが、この「豊富“ふれあい”コンサート」においても、これまでににない試みとして、老人クラブを中心とした高齢者の方々が有志で参加し、昔懐かしい童謡唱歌を歌われました。
b0130041_9183958.jpg

「めざそう生涯現役!」という思いで、普段は催しにも出てこられないような方々にも呼びかけを行い、誰もが、口ずさめるような曲(赤とんぼとふるさと)を選んで、参加しやすくされたそうで、多くの方々が参加しておられました。

また、とてもぶっつけ本番とは思えないほど上手に合唱されていたことにおどろきました。
by himeji-geneki | 2008-11-07 09:25 | 生涯現役推進モデル校区

八幡校区敬老会

 みなさんはじめまして!
 「重要なお知らせ その2」での、謎の後任「○○(名前未定)」こと「二代目」です。
 異動後49日目で、ようやくブログ執筆の機会に恵まれました。
 よろしくお願いします!!

 さて、先日の9月15日は敬老の日でした。国民の祝日に関する法律には、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」ために定めたと書いてありますね。
 この日を機会に、全国各地で老人を敬愛し、長寿を祝う会が催されたことでしょう。
 今回はその中の一つ、「八幡校区敬老会」にお邪魔してきました。

b0130041_10342578.jpg

「八幡校区敬老会」プログラム


 「八幡校区敬老会」は、八幡コーラスの皆さんの歌に始まり、挨拶や演芸、福引きなど主催者の方が準備された心づくしのプログラムが展開されます。演芸の中には老人クラブの方の出演もあり、生涯現役で頑張っていらっしゃる姿にみなさん感心していました。
 中でも、「高齢者お祝い(90才以上)」でお祝いを受けた方が出演されていたのは驚きでした。もちろん90歳以上になんて到底見えない方で、きっと、若さの秘訣はあの歌謡扇舞なのでしょう。

 90歳になっても趣味に打ち込めるように・・・めざそう生涯現役!
by himeji-geneki | 2008-09-18 10:40 | 生涯現役推進モデル校区

豊富町ふれあいグランドゴルフ・ペタンク大会

初めまして。「ヒメ2号」です。

少し前ではありますが、7月27日(日)豊富小学校、豊富校区スポーツクラブ21による「豊富町ふれあいグランドゴルフ・ペタンク大会」が行われました。参加者は約300人。「朝の涼しいうちに」ということで、午前8時から受付開始でしたが、もうすでに汗だく状態でした。参加者の皆さんは、自治会ごとに日陰にシートを引いてスタンバイ。準備万端でした。
グランドゴルフはほとんど高年者のグループ。その中に小学生のグループも混じって、打ち方や、ルールを教えてもらいながら、仲良く、時にはナイスプレイに手をたたきながらにぎやかにゲームが進んでいました。ペタンクは、小学生、お父さん、お母さん世代の参加者が多くにぎやかな雰囲気でした。ホールインワン大会では、地面のわずかな凸凹に苦労しながら何回も根気よくボールを打ち、商品のティッシュを獲得しました。
表彰式では成績上位チームだけでなく、個人賞もあり、賞品を手にされた皆さんの笑顔が素敵でした。
いろんな世代の方々がひとつ処に集まって、声掛け合い、笑いあい、手をたたきあい、生涯現役をめざした地域づくりに一役かっていただけたのではないでしょうか。

午前中の2時間余りの行事でしたが、毎日冷房の効いた事務室で過ごす私には少々キツイお天気でした。だけど、何年かぶりに背中を流れる汗を感じ、少し健康的な時間を過ごせたような気がします。健康的とは言い難い自分の生活習慣を見直したいと反省しました。
「めざそう生涯現役!」
by himeji-geneki | 2008-08-12 18:53 | 生涯現役推進モデル校区

私たちはみんな必要とされている人たちなのです

 仕掛人です。今日は「バザー記念日」だそうです。明治17年6月12日、鹿鳴館で日本初とされるバザーが開催されたんだとか。(本文とは特に関係はありません)

 さて、私はこの4月から、生涯現役推進モデル校区の一つである八幡校区において、様々な「生涯現役を推進する活動」の取材にあたっています。いわば「八幡校区の番記者」です。これまでに子ども見守り隊、ふれあい給食、公民館講座、グラウンドゴルフ大会などの様々な活動を取材してきました。(取材の成果については、現在編集中です...)

 先日の6月8日の日曜日は、八幡校区婦人会主催の講演会がありました。驚くなかれ、講師は国連ボランティア終身名誉大使の中田武仁先生でした。1993年、国連ボランティア活動中に殉職された長男・厚仁氏の遺志を継いで「中田厚仁記念基金」を設立し、自らもボランティア支援活動に取り組んでおられる方です。私は取材活動のために、そして自分の勉強にもなると思い参加しました。市政出前講座やチラシ等で「自分の生きがいのためにボランティアをしてみませんか?」という話をしたり文章を書いたりすることがありますので・・・。
b0130041_16233365.jpg

 八幡婦人会では「ふれあい給食」「敬老会」「ふた葉教室」などなど、様々なボランティア活動に取り組まれています。この日の講演を聴かれた会員の皆さんは、改めてボランティア活動とは特別な人がやるのではなく、誰にでもできることだと、日頃の活動意欲をかき立てられたのではないかと思います。「私たちはみんな必要とされている人たちなのです」とは、この日の演題だったのですが、私たちが目指す「生涯現役社会の実現」にも通じる言葉なので・・・先生、参考にさせていただきます。

 川口婦人会長には「どうぞお越しください」とお声をかけていただき、また、婦人会の皆さんにも様々な面でお世話になりました。これからもよろしくお願いします。
by himeji-geneki | 2008-06-12 16:38 | 生涯現役推進モデル校区

「さわやか教室」 豊富公民館にて

 はじめまして、今回は、仕掛人また姫1号に続きまして、若1号がブログを書かせていただきます。今回の元気が出る話は、生涯現役推進モデル校区の一つである豊富校区の豊富公民館主宰で先週5月29日(木)10時より行われました「さわやか教室」の様子を姫2号と一緒に取材しましたのでご紹介します。

 この「さわやか教室」は現在、豊富校区老人クラブ会長で元小学校校長・音楽教師をされていた木村真守先生が講師として、子供の頃から親しんでいる身近な唱歌について、そのふるさと、作詞・作曲者の思い、また発声のしかた等を地域の方々(特に高齢者が主)に教えておられる講座です。約40人ほどの講座参加者の皆さんは、とても楽しんで先生の話を聴いておられ、歌を歌ってらっしゃる姿はとても生き生きとしておられました。

 みんなで一緒になって歌うことで地域のコミュニケーションが図れ「余暇の充実」にもつながり、お腹から大きな声を出して歌を歌うことは、「健康生活」につながっていくと考えます。また、講義をされる木村先生にとっても、これまでに培った教養、知識、技術等を地域社会に還元することになり「自己実現」につながっていくと考えられますので、生涯現役プロジェクトが掲げる3つの柱がすべて含まれています。
 まさに「生涯現役社会の実現」に資する教養講座だと感じました。
b0130041_16452159.jpg
b0130041_16454390.jpg

by himeji-geneki | 2008-06-02 16:49 | 生涯現役推進モデル校区