めざそう★生涯現役!

hgeneki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今年度も「地域サロン」について考えました!(2016/2/29)

 みなさん、こんにちは。しんのすけです001.gif

 今回は2月7日(日)に開催した、「『地域サロン』について考えよう!セミナー」の模様をお伝えします。

 社会福祉協議会各支部の「ふれあいサロン」、NPOが運営するサロン、自宅などを開放して個人的に運営するサロンなど、誰でも気軽に立ち寄れて、おしゃべりしたり、くつろいだりできる小さな集まりを『地域サロン』と呼んでいます。
 そんな地域サロンについて、みなさんと一緒に考えてみました034.gif
b0130041_11302255.jpg


 第1部は、2人の講師による講演会です。

 1人目の講師は、NPO法人「はなのいえ」理事長の内海正子さんです038.gif
b0130041_11305018.jpg

 お父様の介護をきっかけに介護の資格を取り、平成16年に富山型デイサービス「はなのいえ」を開設された内海さん
 「地域でつくるみんなの居場所」
をテーマに、誰もがいつまでも住み慣れた地域で暮らせるような地域づくりのためには、地域の人が交流する場である「サロン」が重要であることを、ご自身の体験を踏まえてお話していただきました。

 内海さんご自身も、平成24年に地域サロン「くうたん家」を、昨年12月には「地域とつくるレストランはなのいえ」を開設されていますが、あくまで自分は仕組みを作って、内容は利用する人(=地域に住む人やレストランに来る人)が創るもの、というスタンスで運営されているそうです。
 サロンを運営する側が“何かしなければいけない”とハードルを上げなくてもいいですよ、とアドバイスをされていました001.gif

 2人目の講師は、姫路市役所地域包括支援課係長原直子さんです038.gif
 さんは、地域支援事業担当として、地域包括支援センターと連携して、いつまでも住み慣れた地域で暮らせるような地域づくりに取り組んでおられます034.gif
 この日は、「地域の支えあい活動の重要性について」をテーマにお話いただきました。
b0130041_1131342.jpg

 地域サロンの効果として、住民同士の支えあいがあるそうです。
 例えば、介護保険制度では高齢者は「お世話をされる人」、でも、サロンでは高齢者でも、おしゃべりしたい人、お茶をいれることが得意な人など、みんなが「できること」を活かしてボランティアで活動していただく。それは、高齢者の生きがいづくりにもつながるとおっしゃておられました。

 続いて、第2部はグループトークです。

 参加者には4つのグループに分かれていただき、講師お二人と、姫路市役所地域包括支援課元木さん、NPO法人はなのいえ舟引さん、の4人の方がそれぞれのグループにおじゃまして、地域サロンについての質問や悩みなどを意見交換していただきました。
b0130041_11323114.jpg

 参加者は、地域包括支援センターの方、地域の自治会や民生児童委員の方、活動を実際にされている方、これから活動しようと考えている方など、さまざまでしたが、自分の地域のサロン作りのために、積極的に情報交換されている姿がとても印象的でした043.gif
b0130041_11325787.jpg

 これを機会に、参加者同士のつながりを深めていただき、地域サロンの普及に役立てていただければと思います045.gif

 講師の内海さん、さん、協力いただきました元木さん、舟引さん、そして参加者のみなさんのおかげで、短い時間でしたがとても有意義なセミナーとすることができました001.gif
みなさん、どうもありがとうございました。

 このセミナーは、昨年度は灘市民センター(詳しくはこちら)で、今回は花の北市民広場で開催しました。
 いろいろな地域の人に話を聞いていただきたいと思い、来年度も場所を変えて開催したいと思っています。

 「地域サロン」
に興味を持たれた方は是非ご参加くださいね006.gif

以上、寒いの苦手、春が待ち遠しい、しんのすけでした040.gif
by himeji-geneki | 2016-02-29 11:36 | イベント・施設レポート